良質顧客の囲い込みをするには。

人材派遣営業は当然ながら顧客はほぼ法人です。事務職、エンジニア、販売、製造、営業等と需要は様々です。こんなスキルをもっている人を紹介して欲しいと依頼が毎日あるものの要望スキルを満たしている人はほとんどいません。
そんな業界で良質顧客とスキルを求めない顧客です。正直なかなか出会えません。派遣は一般的には派遣会社への請求価格は一時的とはいえ高いことがほとんどです。当然顧客はそれに見合う働きを求めますがその思いは合致していないことが多いです。
そんな中、稀に対応して欲しい職種に顧客側が教育をするのでスキルはいらないから人が欲しいいうニーズが存在します。このような顧客は絶対に失注してはだめです。派遣ニーズは現状就職と同様に飽和しておりミスマッチが横行しています。ですので人を選ばない案件は優先されるべき案件なのです。またこのような顧客は上手くいけば継続率が高くなります。
ですのでフォローアップも厚めにすることが得策です。オーダーをたくさんくれても成約してくれない顧客を相手にしているのは残念ながら時間の無駄で法人営業の効率化をするためにも顧客担当者に顔を出してスタッフをしっかりとフォローすることが必ず成約する受注へと繋がります。
また少しコストはかかりますがスキルを問わないスタッフを派遣した場合はその顧客の仕事にあった研修をオーダーでつくりあげて年間何回か受講させることを勧めます。その行為が結局次の受注に繋がるからです。仕事にマッチした教育研修を受けさせることで顧客は教育負担が少しでも緩和されると感じます。実際教育を受けたスタッフがその効果を発揮してくれれば更に信頼関係は深くなります。
というのもこれまで派遣は派遣先も派遣元も浅く広くの理論でしたが現場実態は社員と同様にがっつり対応しており派遣法の改正で派遣社員として永久的に継続することが認められました。その動向を見こせば派遣業界の営業としては顧客の見極めが出来れば良質な顧客囲い込みが可能になります。

PR|オーディオ生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方工務店向け集客ノウハウ貯蓄マッサージのリアル口コミ.com住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科童話内職 アルバイト四季の童話集 |英語上達の秘訣ショッピングカートSEOアクセスアップ相互リンク集健康マニアによる無病ライフJALカード